TOPICS

2018.11.26 | お知らせ
【プレスリリース】酒販業界大手「なんでも酒やカクヤス」が ATMで利用できる日本初の給与前払いサービス 「CYURICA(キュリカ)」を導入

~福利厚生の充実化として導入。全国約4,000人の多様な従業員ニーズに応える~

 

株式会社キュリカは、「なんでも酒やカクヤス」を展開する酒販業界大手の株式会社カクヤスへ、給与前払いサービス「CYURICA(以下、キュリカ)」を導入(※1)したことをお知らせします。

※1.2018年9月中旬より試験導入、10月より約2,000名のアルバイトを対象として本格的にサービス提供。

 

■株式会社カクヤスにおける「キュリカ」導入の背景

厚生労働省が2018年9月28日発表した、同年8月の有効求人倍率が1.63倍と高水準を維持している昨今、国内では様々な業界で人手不足が深刻化しています。それに関連し、多くの企業では人材の獲得や定着を課題と感じ、福利厚生の充実化や給与アップなど様々な策が講じられています。

酒販業界大手であり、約4,000名の従業員を数える株式会社カクヤスも同様の課題を感じ、その解決策の一つとして、福利厚生の一環で給与前払いサービスの導入を検討しました。複数の給与前払いサービスを検討するなかで、「1.従業員利便性の高さ」・「2.コンプライアンス遵守」の2点が決め手となり、今回「キュリカ」の採用に至りました。

 

■1.従業員利便性について

(1) 事前申請や指定された窓口への訪問は不要で、キュリカカードさえあれば、最短で就業当日に給与相当額の一部を駅やコンビニなど近くのATMから直接24時間365日出金できます。(日本初※2)

(2) 利用者が前払い給与を出金する際の利用手数料は、業界最安水準です。

 

■2.コンプライアンス遵守について

(1) 「キュリカ」は、資金移動業者として登録番号を取得(関東財務局長第00028号)のうえ運営を行っており、財務局管理の下、銀行と履行保証金保全契約を締結し、お預かりした「前払資金」の保全を確保しています。

(2) 「キュリカ」は、労働基準法“賃金支払いの原則”を遵守しています。他サービスには導入企業の代わりに前払い金を立て替える「立替え仮払い」モデルもありますが、「給与」扱いにはなりません。キュリカの従業員へ支払われる前払い給与は導入企業の資金であり、前述のとおり資金移動業登録によって「直接払い」を実現しています。

 

---------------------------------------------------

【サービス概要】

「キュリカ」について

「キュリカ」は、給料日を待たずに、給与をATMから引き出すことができる日本初の給与前払いサービスです※2。利用者(従業員)は、最短で就業日当日に給与相当額を曜日や時間を問わずに現金で受け取ることができます。「キュリカ」は、11年前に誕生した給与前払いのリーディングブランドです。2018年10月現在、カード保有者数は11万人を超えています。

※2.当社調べ。給与口座を持たず、カードを使いATMで出金できる点において日本初。

 

「カクヤス」について

酒類・食品等を飲食店や一般家庭向けに販売しており、「なんでも酒やカクヤス」、「KYリカー」等の店舗を関東・関西に約170店舗展開しています。「なんでも酒やカクヤス」は、「いつでも、どこへでも、どれだけでも」「お客様が必要とされるものを、ご要望にそった形態で」お届けすることをコンセプトに独創的なサービスを創造しています。株式会社カクヤスは、お酒を中心とした消費財流通のインフラを目指しています。

サービスサイト http://www.kakuyasu.co.jp/

----------------------------------------------------

 

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.atpress.ne.jp/news/169725