警備隊員の安心できる職場を追求して

株式会社ジャパンプロスタッフ

目次

    株式会社ジャパンプロスタッフ
    専務取締役
    金子一成さま

    特殊性のある高速道路での警備業を行う、ジャパンプロスタッフ様。

    事業の急拡大に伴う人材確保のために、求人の応募数増加の効果が見込める給与前払いサービスの導入から決定までの経緯やポイントについて、専務取締役 金子一成さまにお話を伺いました。

    事業内容・大事にしていることについてお聞かせください

    弊社は高速道路など特殊性のある場所での交通規制や安全を確保する警備業務を主に行っています。現場に直行ではなく、各営業所に集合をし、事前ミーティングを入念に行い、規制時間の短縮や事前段取りの手伝いができるよう、業務内容の確認や流れを徹底しています。

    各営業所に管理者が少なくとも1人常駐しているので業務連絡だけでなく、些細な質問や仕事のフォロー、プライベートも含めた悩みなど、顔をあわせて、こまめなコミュニケーションを取って、従業員が働きやすい環境であることを日々追求しております。
    ここ最近ではフィットネス事業やeスポーツ事業なども始め、事業拡大をしている最中でございます。

     

    どのような課題があって、キュリカ導入を検討しましたか? また、気になっていたポイントはありましたか?

    事業拡大にあたり、より多くの人材が必要になってきたため、会社の魅力や応募の動機づけを強くしていく必要がありました。またこの頃、事業が大きくなってきたことで、従業員がより働きやすく・より心地よい環境を作っていきたいということも社内でよく議論しておりました。

    人材確保だけなら、採用HPの強化や採用広告を打ち出すことで解決できますが、入社後にストレスなく働き続けてもらうには、安心感を持ってもらうことがなによりも大事だと思っております。
    そこで目をつけたのが、福利厚生として創業当初から行っている”週払い”を”日払い”対応に変更することでした。従業員から要望が多くあがっておりましたし、業界の特徴として実施している会社も多いことを認識していたからです。

    週払い対応では、事前に従業員へ週払いの希望を聞き、1週間毎の勤怠集計と給与計算を行った上で一人一人への入金対応を行うというもので、日々対応に追われている状態でした。そんな状態の中で、日払いを導入したら今まで以上にやる事が増えてしまい、うまく運用できないのではないかと心配していましたし、運用できたとしてもどのくらい手間が増えるのか気になっておりました。

     

    導入の決め手になったポイントを教えてください

    勤怠データをアップロードするだけで、従業員が受け取れる給料を自動反映をして、近くのコンビニなどのATMでいつでも給料を受け取ることができるという点と、従業員からの申請や企業側での事務作業がなくなり、スムーズな給料の前払いを実現できるという点です。

    週払いを行っていた時は、勤怠データの集計や振込対応の工数が企業側で発生するだけでなく、従業員側では、申請してから給料を受け取るまで一定期間待っていただく必要がありました。
    勤怠集計や管理の手間が減るだけではなく、勤怠データがリアルタイムに反映されて従業員がすぐ給料を受け取るように福利厚生が強化できて、一石二鳥のサービスだとおもいました。

     

    日払い制度を導入することで、自社に適合しない人を採用してしまわないかなどの懸念点はありませんでしたか?

    私どもの事業は未経験者歓迎で給料も比較的高いので、お金を必要とする方の応募も少なくないですし、前払いサービスを導入し応募人数が増えるとなるとその心配を持たれるのも想像できますが、私どもは面接の中でしっかりと自社に合う人か見極めることが大事だと考えておりますので心配しておりません。

    採用強化のために前払いサービスを導入しているので応募数は増加しますが、そこで採用の精度を下げてしまうと自社に適合しない人が増えてしまい、会社だけでなく採用された従業員にとっても、よくない結果を招いてしまう事に繋がると思っております。

     

    実際に導入してみてどうでしたか?

    明らかに応募数は増加し採用のほうも順調で、導入効果を実感しております。
    日払い対応の工数もキュリカを導入してからは、週払いの時と比べてかなり減りました。
    週払いから日払い対応に福利厚生を強化したのにも関わらず、このような状態で大変満足しております。
    実際に勤怠データが集計されて出金できるまでのタイムラグもないので夜間業務の方は退勤したその日に給与を受け取る事ができていますよ。

    ただ、給与前払い制度は、従業員のお金の使い過ぎを助長しているのではないか、という声もあって、キュリカさんには申し訳ないのですが、従業員に前払いを積極的に利用することを推進してはおりません。
    あくまでも突然急にお金が必要になった時、いつでも給与を受けとる事ができるという「選択肢」をもってもらい、安心して働ける環境づくりのために前払い制度があるべきではないかと考えております。

     

    今後キュリカに期待することはありますか?

    バックオフィス周りの作業をシステム化できるようなサービスができるとうれしいです。

    導入後、従業員が増えているのは間違いないのですが、その分、事務作業が増えているのも事実ではあります。特に勤怠データの管理をシステム化してもらえたらかなり工数は減ると思います。

    現在はお客様先に提出しなければいけない事もあり、全て紙で勤怠を管理しています。
    毎日受け取る事はできないので、一定期間の報告書をまとめて受け取るのですが、かなりの量ですので集計してデータに落とす作業に時間がかかっています。
    加えて、毎日異なる現場に派遣される従業員も少なくないですし、勤怠時間が日々変わってくるので、報告する側も大変です。

    また、年配の従業員が多いので複雑すぎない操作方法で実現してほしいです。スマホを持っている方は多いので、アプリ上でワンタッチで勤怠報告できたり、写真をとるだけで報告できたりとそのくらい簡略化されていると従業員も事務も大変便利です。

     

    SHARE
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    まずは資料請求(無料)
           
           





    送信することで個人情報の取り扱いについて同意したものとします